LOADING

WORKING ENVIRONMENT

はたらく人を大切にすることがすべての「イキイキ」につながっていく

UTグループの労働環境

はたらく人の権利が保護される時代を迎えて

派遣労働者の権利保護の重要性は、社会で広く認識されています。 はたらく人の雇用やキャリアを守る法整備が進み、電子部品の製造などではさらに厳格な業界基準が設けられました。 製品製造に関わる企業、人材を派遣する企業の双方に、社会的責任、法令遵守が厳しく求められています。

はたらく人を大切にしてきた“実績”が評価されています

UTグループは創業当初から、企業の基本姿勢として、無期正社員雇用、安心してはたらける環境づくり、学び成長できる仕組みづくりに取り組んできました。 その結果が、時代の要請に即応できる経営と高いパフォーマンスに結実しており、はたらく人と企業、双方からの信頼につながっています。

事業に取り組むことで企業の社会的責任を果たしていきます

キャリア形成支援を核として、はたらく人と企業の双方に貢献するのが、UTグループのビジネスモデルです。 このモデルこそが、私たちが企業の社会的責任を果たす取り組みとなっています。 企業と社会とともに、はたらく人一人ひとりを育て、日本のモノづくりの成長に貢献してまいります。

安心してはたらき続けるための「つながり」

会社とのつながり<無期雇用>

「無期雇用」が、派遣ではたらく人が安心してキャリアを築いていくための基礎です。社会保障の整備や労務管理など、UTグループは“はたらく人を大切にする”仕組みを構築してきました。これらが会社との確かな「つながり」をもたらし、はたらく人のイキイキを支えます。

相談できる人とのつながり<キャリアパートナー制度>

派遣先での経験やグループ内での研修を重ねて、はたらく人がキャリアアップしていく仕組みがUTグループの強みです。多様な選択肢から自分にあったキャリアパスを選べるよう、社内で認定されたキャリアパートナーが、一人ひとりと向き合い、ともに考え、サポートします。

仲間とのつながり <孤立しないチームでの派遣>

UTグループでは、チームリーダーやマネージャーを核とする、チームによる派遣・請負が基本です。
職場で孤立することなく、仲間との「つながり」のなかで、はたらき、成長することができるので、定着率・生産性の向上が実現できるのです。