個人投資家の皆さまへ

MENU CLOSE

はたらく力で、
イキイキを
つくる。

HOME早わかりUTグループ

早わかりUTグループ

UTグループは、いま最も選ばれている
製造業人材サービス会社です

  • 創業以来の無期雇用派遣
  • 圧倒的な動員力
  • 高い人材定着率
  • 信頼のコンプライアンス体制

人材業界に先駆けて「無期雇用派遣」のスタイルを導入したUTグループは、「圧倒的な動員力」で大規模な外部人材ニーズを持つ企業からの信頼を獲得しています。業界トップクラスの「人材定着率」、最新の雇用環境に則した「コンプライアンス体制」も高く評価されています。

人材業界に先駆けて「無期雇用派遣」のスタイルを導入したUTグループは、「圧倒的な動員力」で大規模な外部人材ニーズを持つ企業からの信頼を獲得しています。業界トップクラスの「人材定着率」、最新の雇用環境に則した「コンプライアンス体制」も高く評価されています。

実績でわかるUTグループ

  • 技術職社員数 20,000人超

    確実な動員を実現し、取引先企業から高い評価を受けています。

  • 月間採用数 1,000名超

    大企業を顧客に持つ営業ネットワークにより獲得した数多くの優良案件と、全国にある採用拠点を活用し月間1,000名以上を採用することができます。

  • 月間定着率 通期平均96.5%以上

    創業時からはたらく人を顧客に見立て、正社員雇用はもちろんキャリア形成支援等の施策により業界平均を大きく上回る定着率を実現しています。

  • 信頼のコンプライアンス基盤

    子会社による「優良派遣事業者認定」取得に加え、エレクトロニクス業界における労働環境に関する世界基準であるRBA※の監査にも適合する信頼性の高い職場づくりを推進しています。
    ※Responsible Business Alliance(旧EICC)の略称

UTグループの事業に関する
よくある質問

  • Q1 改正労働者派遣法は、なぜUTグループにとって追い風なのでしょうか?

    a 2015年施行の改正労働者派遣法は、派遣事業者に対し派遣社員の雇用安定化やキャリア形成支援の義務化など規制を強化する一方で、無期雇用派遣については派遣期間の上限が撤廃されています。UTグループは創業時から派遣社員を正社員として無期雇用し、キャリア形成支援を行っており、UTグループの活動が業界のスタンダートになったともいえます。

  • Q2 株主として配当金による還元を期待したいが、今後も配当政策は変わらないのでしょうか?

    a UTグループでは、株主の皆様に対する継続した利益の還元を経営上重要な施策として位置付けております。現中期経営計画期間中の株主還元として、配当金と自己株式取得による総還元性向として当期純利益の30%以上をコミットメントとしております。配当金と自社株買いの割合については株価水準に加え、経営環境を勘案し総合的に判断しております。

  • Q3 有効求人倍率が低下してきた場合、UTグループには厳しいビジネス環境になるのですか?

    a 日本の製造工場では正社員や契約社員から派遣社員を活用する流れが活発化しています。また、企業業績の悪化等により顧客企業が構造改革などを行う場合は、お客様の社員を当社の社員として受け入れるサービスが活用される可能性が高まります。このように、UTグループでは景気変動に左右されにくい事業モデルを構築しております。

  • Q4 さまざまな業種で人材が不足していると聞きます。UTグループは製造業派遣以外への進出は考えないのでしょうか?

    a UTグループは、製造工場向けの人材派遣会社としては業界No.1の規模に成長することができましたが、まだ市場シェアの5%にも満たない水準です。現中期経営計画ではシェアのさらなる拡大に注力します。2030年をターゲットにした長期経営ビジョンでは、より多くのはたらく人に応えられるサービスの提供を目指していきます。

  • Q5 日本でいちばんの製造業派遣会社のようですが、CMなどはやっていますか?知名度が低くないですか?

    a UTグループの主要顧客は日本を代表する電機メーカーや自動車メーカーなどの大企業が中心です。また、製造業向けの人材派遣会社ではNo.1の規模となっており、顧客企業に対する知名度は十分に高いと認識しております。一方で社会全般に対する知名度はまだまだ低いと認識しておりますので、広報活動を通じて知名度の向上を図っております。

  • Q6 ここ数年間で急速に成長し、時価総額も急激に大きい会社になったようですが、今後も成長を継続できるのでしょうか?

    a UTグループでは、2017年3月期にスタートした5ヶ年の中期経営計画に基づいた経営を行っておりますが、利益目標が計画を上回る進捗となっていることから、最終年度を1年短縮する修正を行いました。2030年を見据えて策定した長期経営期ビジョンでも引き続き高い業績目標を掲げており、今後、具体的な経営計画を策定し公表してまいります。

  • Q7 外国人技能実習生の増加はUTグループにどのような変化をもたらすのでしょうか?

    a 今後、日本の労働力人口は減少を続けることが予測され、生産性の向上とともに、女性、シニア、外国人の活用が課題となっており様々な法整備が進んでいます。UTグループでは、今後、外国人労働者が増加すると予想しており、人材派遣事業の基盤やノウハウをもとに、日本で働く外国人の方のサポートや、受け入れ企業のサポートを行なってまいります。

  • Q8 UTグループについてもっと知りたいのですが、どうすればいいでしょう?

    a UTグループでは、株主総会開催時に株主様向け会社説明会を⾏っております。また、Webサイトでは会社の歴史や、ミッションである「はたらく力で、イキイキをつくる。」に対する想い、各種メディアへの掲載履歴をご確認いただけます。また、お問い合わせ窓⼝も開設しておりますので、お気軽にお問い合わせください。