株主との建設的な対話に関する方針

当社は、持続的な成長および中長期的な企業価値の向上を実現するためには、株主・投資家の皆様との対話は必要不可欠であると認識しており、IR活動を経営の最重要課題のひとつとして位置づけています。パブリック企業としての説明責任を果たすとともに、常に明瞭なメッセージの発信と対話を通じて、経営の透明性を高め株主・投資家の皆様から信頼される企業を目指します。

1.

当社は、社長室長をIR担当執行役員として選任します。

2.

社長室をIR担当部署と定め、社内の各部門と日常的に組織横断的な連携を図ります。

3.

株主向け会社説明会を年1回、決算説明会を四半期毎に年4回開催するほか、代表取締役社長およびIR担当執行役員が出席するスモールミーティングを必要に応じて開催します。

4.

IR活動にて把握された意見・懸念等については、取締役会および執行役員に対して報告を行い、課題認識を共有します。

5.

株主・投資家との対話に際しては、未公表の重要な内部情報が外部へ漏洩することがないように、「インサイダー取引防止規程」「情報セキュリティ管理規程」に留意します。また、各四半期決算期日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」と定め、決算に関わる問い合わせへの回答やコメントは行ないません。