CLOSE

去年より今年。今日より明日。
確かな成長の手応えを
やりたい仕事の中で実感して

設計開発エンジニア
UTテクノロジー

神田 誉風

入社後すぐから自動車
開発チームの一員に

受託先の数だけいろいろな経験が積めることが魅力で当社に入社。入社直後から自動車メーカーの生産技術部門で開発プロジェクトチームに加わっています。
私の担当は、設計標準時間の算出や工程作業表の作成。自動車生産にどのくらいの時間が必要なのか、組立データや作業図を基に割り出していく仕事です。
自動車組立の基礎知識が必要なので、まず部品名を覚え、組み立て方を勉強。多くの専門用語も一つずつ覚えていきました。2年目の今は、徐々に基礎知識が身に付いてきたので、仕事のペースが以前よりもグンとアップ。
ミスも減り、自分でも成長の手応えを感じています。

「教育」という
新たな業務にチャレンジ

さらに今年からは、工数管理・見積の業務をチーム内の他のメンバーに教育する、という業務が加わりました。実は工数管理の業務は昨年から本格化しており、その専任者として私と同期の2人がチームに参画した経緯があります。1年を経て、データやノウハウが蓄積したので、それを横展開していくのが、今年の新たな業務。私にとっても、自分が教わる側ではなく、教える立場になる新たなチャレンジです。
そのために改めて業務を見直したり、マニュアルを作成したり、これまで経験値として理解してきたことを、人に伝えるにはどうすればいいか、試行錯誤しながら、3ヵ月を掛けて指導にあたりました。その結果、現在、工数管理業務は5人体制となり、生産性が大きく上がりました。
さらに私と同期の業務も余裕ができたので、これまで他のメンバーが行っていた作業図や設計組立図の作成や車種ごとのマニュアル作りのサポートができるようになり、こちらの業務の効率化も図れています。私にとっても、工数管理以外の新たな業務を覚えることができ、開発業務の視野を広げています。

自分の可能性を
いろんな側面が
見られる会社

自動車開発は、入社時からやりたいと思っていたこと。だからこそ、高いモチベーションを持って臨めるし、仕事をしていて楽しい。2年目の今は、さらに新たなチャレンジをしてできることを増やしている。いろいろなことが積極的にできるUTテクノロジーに入社してよかった、と思います。また派遣先に直行直帰という働き方ですが、定期的なミーティングや親睦会もあり、会社への帰属意識が薄れることはありません。
これから当社は世界をリードする総合テクノロジー企業であるシーメンス(SIEMENS)社との提携をはじめ、教育部門のさらなる充実が期待されています。これらも積極的に学ぶことで、エンジニアとしての力を高めることができると思いますし、活躍の場が広がることでしょう。工数管理の業務は、設計業務でも大いに活用できることなので、設計分野にもどんどんチャレンジしていきたいと思います。

ある1日のスケジュール

8:30
出社(1日のスケジュールを確認)
9:30
お客様と仕事の内容についての
打ち合わせ
10:30
見積もり業務
12:00
昼食
13:00
見積もり業務
16:00
お客様に仕事内容の不明点などを
電話で確認
17:00
本日の進捗状況の確認
17:30
退社

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

今、就活活動で悩んでいる方様々がいると思います。何かをしてみたい・何がしたいか分からないどんな方でもウェルカムな会社です。社会人になってからやりたいことを見つけるのも一つの考えだと思います。どうかリラックスして就活活動を頑張って下さい。

社員一覧に戻る