CLOSE

多様なプロジェクト経験が
自分を育ててくれる

システムエンジニア・プログラマー
UTテクノロジー

菅沼 秀幸

たくさんの新しい出会いを糧にして

中学、高校と授業でパソコンを習っていた頃から将来はIT関係で活躍したいと考えていました。就活ではメーカーからSIer、ソフトハウスと幅広く訪問、最終的に入社を決めたのが、当社でした。以来10年以上、当社に所属のSEとして仕事をしています。就業先はこれまで14社。一つのプロジェクトには短いもので3ヵ月、長ければ4年ほど所属してきました。
こうした働き方の最大の魅力は、やはり様々なプロジェクトを経験することで、多様なスキル、知識を持った人たちと接することができるという点だと思います。プロジェクトが変わるたびに新しい出会い、新しい学びがあり、成長することができました。

一つひとつ、
壁を乗り越えてきた

2年目に担当したプロジェクトで私は、自ら主体的に仕事に取り組む姿勢を学びました。ドキュメントはあったものの、私にはわからないことばかり。しかし、待っているだけでは前に進めません。自ら他社のベテランエンジニアに話しかけて教えを請いました。私にとっては大きな壁でしたが、自分から踏み出すことの大切さを学びました。その次のプロジェクトでは開発の仕事を初めて担当。新規のシステムについて基本設計から携わることができました。こうした経験を重ねてきたことで、プロジェクト全体の進捗状況の管理や人のまとめ方についてのスキルを身につけることができました。
現在私はある大きなシステムの新規開発プロジェクトに参画していますが、ここではリーダーのパートナー的な立場でサポートしています。進捗状況についてリーダーから相談を受けることも多く、頼りにされている実感があります。これまでに積み重ねてきた経験が活きており、そこに自分の成長を感じています。

プロジェクト管理の最前線で
学び続ける

現在のプロジェクトには5人のエンジニアがいますが、人によってスキルも考え方も違います。その中でどう合理的に管理していくかというのは私にとって大きなテーマで、情報共有の大切さや、報告を待つのではなくこちらから積極的にヒアリングに出向く重要性などを学んでいるところです。勉強すべきことはまだたくさんあるように感じています。
私は現在30代の半ばで、そろそろマネジメント業務に本格的に取り組まなければと考えています。一方でもう少しエンジニアとしてのスキルも磨きたいという思いもあります、これからも様々なプロジェクトを経験することで自分に足りないものを身につけていかなくてはなりません。その上でも、派遣社員として働くワークスタイルは、自分にふさわしいものだと感じています。

ある1日のスケジュール

8:50
プロジェクト連絡事項の確認
9:00
作業の確認および当日中に実施すべき作業の確認
10:00
チーム内の進捗ミーティング
12:15
昼休み
13:00
自作業の実施
15:00
客様との検討課題などのミーティング
18:00
退社

先輩社員からのメッセージ

先輩社員からのメッセージ

当社の魅力は開発から運用まで幅広い分野の業務があるので、豊富な知識を身につける機会が多くあります。活躍の場を広げて行くためにも、新しいことに挑戦し自身の得意分野で十分な力を発揮できる様な人が増えることを期待しています。

社員一覧に戻る