CLOSE

一人ひとりを大切に
見守ってくれるから、
安心してスタートできる

製造エンジニア
UTエイム

橋本 敬嗣

社員をとことん大切にする社風がある

アーティストとして活躍したいという夢を持っていた私は、音楽系の専門学校で学びました。しかし、現実にそれは相当に狭き門であり、不安定な仕事です。そこで就職するなら安定的に長く働ける環境がいいと考えるようになり、UTグループに入社しました。音楽も、UTグループでの仕事も、どちらもモノづくりという共通点がありますから、私にとってはごく自然な選択でした。
UTグループの説明会では、社員のことをとことん大切に考えている会社だという印象を受けました。理系のバックボーンを持たずに入社するのですから、自分もやっていけるのかという不安はあったのですが、社員一人ひとりの“想い”を大切にしてくれる会社だと感じ、ここなら長く働けると思って入社を決めました。

製造ラインを支える喜びを実感

入社して配属されたのが大手メーカーの工場です。親元を離れて初めての一人暮らしをすることもあって、すべてが自分にとって新しい挑戦でした。
担当は、電球などに使われるフィラメントという部品を製造するラインです。ここには大きな製造機械が30台も並んでおり、音を立てていっせいに動き出すさまはまさに壮観。モノづくりの最前線の迫力を感じます。まさか自分がこんな場所に立って30台もの製造機械を管理しているなんて、数ヵ月前には想像すらできませんでした。
具体的な仕事内容は、製造機器の点検や確認、材料の補充などです。万一マシントラブルが発生するとラインが止まってしまったり、不良品が発生したりする可能性があります。そのため常に製造機械の様子には注意を払い、トラブルが起きないようにしなくてはなりません。
もちろん新人の私が最初からそうした業務を滞りなくできたわけではありません。最初の2週間は先輩についてマンツーマンでの指導を受けました。今も先輩は常に私のことを気にかけてくれ、トラブルの際はすぐに手を差し伸べてくれます。社員のことを大切にする会社の姿勢は、このように現場の先輩にもしっかり受け継がれているのです。

任せて安心と言われる
存在を目指して

今の目標は、日々の点検作業などを先輩のようにもっと手際よくこなしていくことです。そして安心して仕事を任せてもらえる存在になりたいと思います。
また、私にもいずれは後輩や部下ができると思うので、マネジメントのスキルも身につけていきたいと考えています。製造の最前線から設計や管理の仕事へとキャリアアップしていけるのもUTグループならではの魅力ですから、今はそのための基礎固めの時期だと考えています。

ある1日のスケジュール

8:00
出勤、業務の準備
8:30
業務開始、製造機械を始動し、
点検作業を行う
12:00
社員食堂で昼食
12:45
引き続き点検作業を行う
17:00
退社

先輩社員からのメッセージ

先輩社員からのメッセージ

就職活動では、自分にいったい何ができるのだろうかと、不安になることもあると思います。私もそうでした。
しかしUTグループならば、現場の先輩やキャリアパートナーがしっかりと支えてくれるので、心配はいりません。思い切って一歩を踏み出していただければと思います。
大切なのは受け身ではなく、何事も自分から貪欲に吸収すること。ぜひ前向きの姿勢を忘れないでください。

社員一覧に戻る