CLOSE

エンジニアとしての
第一歩を刻むために
この環境を選んだ

システムエンジニア
UTテクノロジー

加藤 雅樹

東京で活躍したいとの希望を持ちながら

私の地元は群馬です。
就職では東京に出たいと思っていたので、地元でUTグループの会社説明会があったとき、興味を持って参加しました。そこで出会ったのが、同じ群馬の出身の先輩社員。地元トークなどで盛り上がり、せっかく東京で働くならこういう先輩のいる会社に入りたいと思いました。
また、私は情報システム学科でプログラミングを学んでいたのですが、自分の技術がすぐに実践で通用するという自信はありませんでした。学校で学ぶことと現実のビジネスで求められるスキルにはきっと違いがあると思ったのです。その点も、スキルに応じて様々な就業先で活躍できるUTグループなら大丈夫だと感じました。未経験や知識0からでも、研修や教育制度が充実しているのでエンジニアとしてスタートを切るにはすごくいい会社ではないでしょうか。

実践の場で、
先輩社員の仕事から学ぶ日々

現在私は金融系の企業で、保険関係の社内システムの開発・改修等に携わっています。使っている言語はVBAとCOBOL。特にCOBOLは学生時代もさわったことがなかったので、とても勉強になります。
既存の保険のシステムに新しい機能を追加したり、改修を行ったり、テストしてデバッグして、というのが一連の仕事の流れですが、入社2年目であっても責任ある仕事を任されているという実感があります。また、先輩社員の仕事を見ていると、人によってプログラムの書き方は様々で、「こんな書き方もあるのか」「自分ならこう書くけれど」と、日々新たな発見があります。やはり仕事の最前線で生きた知識を学べることは、エンジニアにとって非常に大切なことだと感じています。
入社後の研修期間では、システム開発ばかりでなく、モノづくりの現場で生産ラインに立つ経験もできました。システムエンジニアやプログラマとは違う職種の人々と触れあえたことで、自分の幅も広がったと思います。こうした多様な機会が得られるのも、UTグループならではの魅力だと思います。

先輩や同期の支えで
一人暮らしを堪能

念願かなって東京で就職でき、一人暮らしにも慣れました。それまでは実家暮らしでしたから、朝ちゃんと起きるところから全部自分の責任で行動しなくてはなりません。そんな私に先輩方も気を遣ってくれて、初めての街やお店などを案内してもらいました。特に同期の社員はまとまりがよくて、休日に一緒に遊ぶこともしばしば。今では特に寂しさを感じることもありません。地方出身者にとってこうした環境はとてもありがたいものです。
今の職場では私がまだ一番年下ですので、先輩に教わるばかりです。けれど自分は人に教えることが好きなので、いずれは教える側に回りたいと考えています。そのためにも日々の仕事から一つずつ吸収していきたいと思います。

ある1日のスケジュール

8:40
予定確認、ミーティング
9:00
Office365移行プロジェクトの障害対応
11:45
ランチ
12:45
保険のシステムについて機能追加
17:20
退社

先輩社員からのメッセージ

先輩社員からのメッセージ

当社にはUTACCという専門の研修施設があり、大学の講師を務めている方や、大手メーカー出身の方が講師として手厚くサポートしてくれる研修環境があります。システムの知識がゼロで入社している仲間もたくさんいますので、ぜひ皆さんも心配しないで飛び込んできてください。
先輩は優しい人ばかりですから丁寧に仕事を教えてくれますし、就業先の社員さんも、質問すればしっかりと教えてくれます。会社としても成長をバックアップしてくれる制度や福利厚生が整っているので、心配せずぜひ当社でエンジニアとしてスタートを切ってください。

社員一覧に戻る