LOADING
人をつくり、モノをつくり、現場をつくる——。
新しい「雇用代行ソリューション」を提供する

UTエイム株式会社
代表取締役社長

筑井 信行

日本のモノづくり現場は、大きな変革の渦中にあります。労働人口の減少、DX(デジタルトランスフォーメーション)化、脱炭素化などの国策が加速し、自動車業界、半導体・電子部品業界をはじめとする製造現場では、新しい「はたらき方」、新しい「雇用のカタチ」が求められています。
UTエイムは、1995年に製造業向けの人材派遣会社として創業し、四半世紀以上、モノづくりの現場を支えてきました。
創業以来、変わらないのは、人の成長の総和こそが企業の成長であるという価値観です。グループ全体のミッションである「はたらく力で、イキイキをつくる。」のもと、常に人が成長できる環境づくりにこだわり、「挑戦と成長」を強く意識した経営スタイルで発展を続けてきました。
製造業向け人材派遣におけるUTエイムの強みは、業界トップレベルの採用力に加え、無期雇用とキャリア形成支援による定着率の高さにあります。独自の採用体制により月間1,000名超の採用を可能にすることで、全国各地に多くの雇用を創出しています。さらに、無期雇用した社員のキャリア形成支援では、多彩な教育訓練プログラムと人事評価制度により「はたらく人」が成長を実感できる環境をつくることで高い定着率を実現しています。
そして今、私たちは新しい「雇用のカタチ」の創出に踏み出します。それは、お客様に代わってモノづくり人材を雇用し、育成する「雇用代行ソリューション」の提案です。
UTエイムは、長年にわたり、派遣社員を自社で正規雇用し、一人ひとりのキャリアを支えてきました。雇用のプロが人材を育成し、高スキル人材を現場に派遣することで、お客様の生産性向上に貢献する——。人材の流動化が加速するなか、当社が積み上げたノウハウを新たな価値としてお客様に提供してまいります。
人材育成とともに力を入れているのが、社内のコンプライアンス強化です。近年は、派遣先であるお客様の工場におけるコンプライアンス遵守に関する相談を受ける機会も多くなっています。当事者として、製造業界の健全化に努めてきた取り組みが評価いただけているのだと思います。
テクノロジーがいかに進化しても、最後は人が担う領域がモノづくりの現場には必ずあります。私たちは、これからも「はたらく人」に寄り添いながら、日本の「モノづくり企業」の持続的な発展に貢献してまいります。