コーポレートブランド

新創業を機にした社名統一とブランドマーク刷新

創業20周年を迎えた2015年。この年を新たな創業の年と位置づけ、2015年7月、当社は「UTホールディングス株式会社」から「UTグループ株式会社」に社名を変更し、
「日本全土に仕事をつくる」という新たなビジョンを掲げました。同年10月1日、グループ会社の社名を「UT」を冠する社名に統一し、
グループの一体感の醸成をはかりました。これに伴いブランドマークを刷新し、タグラインを制定しました。
UTグループは、ビジョンの達成に向け、新たなブランドマーク、タグラインを旗印としてコーポレートブランディングを展開し、事業拡大を図ってまいります。

従来のブランドマークは2007年4月、純粋持株会社を設立するにあたって開発されたものです。新創業を機に刷新したブランドマークは、優れた人材、チームワーク、成長をイメージして開発しました。

Upward Together

UTグループのブランドマークは、「白銀比」(1 : √2 ≒ 1 : 1.414)によって構成されています。
白銀比は古来から法隆寺などの建造物から道具に至るまで適用されてきた、日本の美意識やモノづくりの基準とも言える比率です。また、現代でもコピー用紙などに採用されている合理的な比率です。

美しく合理的なプロポーションを持つブランドマークは、個々の人格形成を目指す姿勢を表し、UとTがぴったり結合できる形には強固なチームワークという当グループの強みを含蓄しています。また、UとTを右上がりに配置することで社員やビジネスの成長を表しています。

Proportion

従来のブランドマークは2007年4月、純粋持株会社を設立するにあたって開発されたものです。

新創業を機に刷新したブランドマークは、優れた人材、チームワーク、成長をイメージして開発しました。

Quality Black

すべての色を吸収した黒。
「クオリティブラック」は、蓄積した技術やノウハウ、質の高いサービス、公正で正直な言動を表しています。

Lively Green

生命力ある若葉を連想させる「ライブリーグリーン」。柔軟な発想、イキイキした働き方、成長するキャリアという意味を込めています。

社員やグループ会社の成長の総和が、UTグループの成長につながります。グラフィックパターンは、人・チーム・グループ会社が結束して成長する姿をイメージしています。

人が集い、人が成長し、その総和が会社の成長となる

お客様と協力しながら共にビジネスを成長させるという、UTグループの社会的使命を表明するメッセージです。
また、タグラインは社員の行動の指標ともなり、個々の能力の限界を解き放ち、チームで挑戦することによってさらに能力やスキルを高めていくという姿勢も表しています。

Tagline